直接本文へ移動する

レンズの最適な選び方 第1回 「最適なレンズを選ぶとは」

メガネレンズには無数のパターンがある!

メガネフレームは見た目で判断できる部分もありますが、メガネレンズに関してはわかりづらいという人も多いのではないかと思います。そもそもメガネレンズには、どんな種類があるのでしょうか。

無数のパターンが存在します。

素材ひとつとっても、プラスチックなのかガラスなのかで変わりますし、形状も一定のカーブを描く『球面レンズ』、レンズの中心から周辺へ向かうに従ってカーブをゆるくする『非球面レンズ』、両面ともカーブをゆるくした『両面非球面レンズ』などの種類があります。

さらに紫外線をカットするUVカットや反射を防止するコーティング、水や油を弾く超撥水コーティングなど、さまざまな技術が盛り込まれています。

パリミキ成城学園前店店長

それだけいろいろな種類があると、何が適しているのか判断しづらいですね。

メガネを使うシーンや用途は人によってさまざまですから、100人100通りのパターンがあるといっても過言ではありません。たとえば、同じ近視であっても、度数が違ったり乱視が入っていたりして、メガネの共有はできませんよね?

また、お仕事の時間のほとんどをパソコンの前で過ごす人と、屋外で過ごす人とでは、目に入ってくる光の量や目線の動き方、目的物への距離も異なりますので、必然的に最適なレンズも変わってきます。

ですからミキでは約760種類のレンズを用意しているのです。

豊富な種類のフレーム

判断すべきポイントがたくさんあるうえに、膨大なバリエーションがあるので、普通の人が選ぶには非常に難しいという印象です。

合わないレンズを選んでしまうと、目に余計な負担をかけてしまいます。
本当に最適なレンズを選ぶには、目の状態、用途、そしてご予算など多くの要素をクリアする必要がありますから、ミキでは私ども店舗スタッフがご納得いただくまでご案内しています。

第2回「ライフスタイルを把握」

次の回ではお客様のライフスタイルをどのように把握する方法についてご説明します。

第2回へ

ミキのオススメレンズ

ご使用シーンやお悩みごとにミキのオススメレンズをご紹介しています。

レンズ特集ページへ

お近くの店舗を探す

メガネレンズについてのご相談は、
お近くのパリミキ・メガネの三城までお問い合わせください。

最寄りの店舗を探す
CGを使ってお客様に最適なデザインを
AUリメイクオーダー