直接本文へ移動する

補聴器に慣れるまで

まずは、毎日使用することと、装用する練習が大切です。

補聴器は慣れることによって、より聞こえるようになります。

ポイント1: 毎日装用する
最初は30分程度と短時間だけ装用し、徐々に長く伸ばしていきましょう。

ポイント2:聞くことに慣れる
補聴器を使うと、今まで聞き取りにくかった色々な音が聞こえるようになります。自分が聞きたいと思う音に意識を集中して、補聴器で聞く音に耳を慣らすようにしましょう。

ポイント3:

ステップを踏んだ調整

毎日使うことで「聞こえ」の力はステップアップしていきます。焦らず、ステップに沿って調整していきましょう。

ポイント4:

無理をしない

慣れてくると違和感もなくなり、長時間の使用も可能になります。ただし、無理はせず、疲れを感じたら外してください。

ポイント5: ひとりで悩まず相談を
気になることがあれば、すぐにご相談ください。音の大きさや聞こえの状態に合わせて、補聴器を再調整します。

補聴器に慣れるまでのステップ

さあ!あなたに合った練習を…

早急に過大な期待は禁物。ゆっくり一歩ずつ。

1. 最初は周囲の音が簡単に聞き分けられるような静かな場所で使ってください。
2.日常生活でよく過ごすような場所で使い始めてください。
ポイント・どなたかの協力を得て、一対一で会話を聞くような練習がベスト。
・テレビのニュース以外の言葉の聞き取りはまだ早い…
3.聞き取る練習は?
ポイント・どなたかの協力を得て、一対一で会話を聞くような練習がベスト。
・テレビのニュース以外の言葉の聞き取りはまだ早い…
補聴器を装用した状態での聞き取りを練習するイメージ

初めは音量を小さめに

あなたにとって、快適な音量から始めましょう。

1.自分の声に慣れるために音量を小さめに設定してください。
ポイント・補聴器を通して聞こえる自声は以前と違って聞こえます。
・最初のうちは話を全て聞き取れないとしても、まず小さめの快適な音量で使用することが大切です。
2.聞き取りも大事ですが…まずは装用感!
ポイント・小声や少し離れた人との会話や、騒音下での話し声がすぐに理解できなくてもあわてる必要はありません。
・だれでも、騒がしいところでは聞き取りにくいものです。
離れた人や複数の人を相手に聞き取りを練習するイメージ

たくさんの音を聞きましょう

焦らずに、色々な音を着実に聞き取りましょう。

1.補聴器をとおしてたくさんの音を聞きましょう。
ポイント・今まで聞こえなかった色々な音が聞こえてきます。さあ大変、でもあせらないで。
・補聴器を装用した効果を早急に判断しないことです。結論を急がないでください。
2.あなたのペースに合わせましょう。
ポイント・もし、お知り合いで補聴器に苦い経験があってもその言葉に左右されないでください。
・補聴器への慣れかたは一人ひとり違うものです。
家族で楽しく会話をしながら休日を過ごすイメージ

ステップ2 テレビや電話のコツ

テレビや電話の音を聞き取るコツについてご説明します。

次のページを見る

ミキのオススメ補聴器

スペックや症状ごとにミキのオススメ補聴器をご紹介しています。

レンズ特集ページへ

お近くの補聴器取扱店を探す

補聴器に関する詳しい情報は、お近くのパリミキ・メガネの三城までお問い合わせください。
店舗検索より、最寄の店舗を地図や駅名などから検索いただけます。

最寄りの店舗を探す

補聴器の体験会開催店舗を探す

聞こえや補聴器についてお困りのことやお尋ねになりたいことがございましたら、
是非お近くの体験会にお越しください。

最寄りの店舗を探す
CGを使ってお客様に最適なデザインを
AUリメイクオーダー