直接本文へ移動する

老眼(老視)

屈折の変化

度数の加齢変化

幼児期の遠視が次第に減少し、一般的には小学校に入学する頃に正視になります。
正視の状態が維持できれば、若い頃はメガネなしで生活できるのですが、10歳代から20歳代にかけて近視が進行する人が増えています。
デスクワークなどの近業が多い人では、30歳を超えても近視の進行がみられます。
40歳を超えてから、少しずつ遠視が現われてきます。近視の人では、近視の度数が弱くなります。
この加齢に伴い現われる遠視を加齢(老人)性遠視と言い、特に50歳代から60歳代にみられます。

遠視化の原因

40歳以降で遠視が現われる原因は、
  • 眼の中にあって光を屈折させピント合わせの役割をしている水晶体の屈折率の減少
  • ピント調整に関わっている毛様体筋の緊張度の減少
  • 眼軸長(眼球の大きさ)の短縮

などが考えられています。
水晶体の構造のイラスト

乱視の加齢変化

方向によって屈折力が違うためにピントのずれが生じるのが乱視です。
若い人に多いタテ方向の屈折力が強い直乱視は、20歳前後にピークがあります。
その後、ヨコ方向の屈折力が強い倒乱視が増えていき30歳代で両者の割合は逆転します。
以降は倒乱視が増加する傾向となります。
斜め方向の屈折力が強い斜乱視の割合には大きな変化はありませんが、屈折力が強い方向の角度が徐々にヨコ方向に変化する
傾向があります。

原因

眼球の最も前にある角膜は、ピンポン玉のようなまん丸なものは少なく、玉子のようにタテとヨコでカーブが違っています。
若い頃はタテ方向のカーブがきつい眼が多いのですが、加齢に伴いタテのカーブがゆるくなり、タテとヨコの差が少なくなり ます。
この変化の要因としては、瞬き時の瞼の圧力の低下などが考えられています。
また、角膜の乱視を打ち消す関係にある水晶体の倒乱視の増加が一因と言われています。

視機能の変化

視機能についてご説明します。

最初のページへ戻る

メガネフレームを探す

ミキオリジナルのメガネフレームを検索できます。
お気に入りのメガネを試着予約すると、お近くの店舗でご試着いただけます。
キャンセル料等は頂戴しておりませんのでお気軽にご利用ください。

メガネフレーム検索
CGを使ってお客様に最適なデザインを
AUリメイクオーダー