直接本文へ移動する

目の仕組みについて

目の仕組みは、どうなっているのだろうか?

目の仕組みは、カメラに例えて説明すること出来ます。まぶたはレンズキャップ兼シャッターです。ゴミや乾燥などから、目を保護し、光の量を制限して光による網膜の損傷を防ぐ役目があります。角膜は紫外線を吸収し水晶体や網膜の損傷を防ぐフィルターとしての役割と、網膜に光が映るように屈折させるレンズとしての働きがあります。虹彩は、網膜に達する光の量を調節する絞りの働きをします。水晶体は厚みを変えて光が網膜にぼやけることなく映るように調節し、カメラで言えばオートフォーカスの機構を実現しています。硝子体は角膜、水晶体により屈折された光が網膜上に適切な大きさの像となるように一定の距離を保つ働きをしており、カメラで言えばフィルム室にあたります。
そして、光を感知する写真フィルムに相当するのが網膜です。最近のデジタルカメラでいえば網膜はCCDに相当するといえます。人に例えると、電気信号を処理する内臓コンピューターを脳、CCDと内臓コンピューターを結び電気信号を伝える配線、網膜と脳を結ぶ視神経と考えることが出来ます。

メガネフレームを探す

ミキオリジナルのメガネフレームを検索できます。
お気に入りのメガネを試着予約すると、お近くの店舗でご試着いただけます。
キャンセル料等は頂戴しておりませんのでお気軽にご利用ください。

メガネフレーム検索
CGを使ってお客様に最適なデザインを
AUリメイクオーダー