直接本文へ移動する

コンタクトレンズの基本情報

コンタクトレンズには、大きくわけて「酸素透過性ハード」と「ソフトレンズ」があります。酸素透過性ハードはソフトレンズに比べ、視力を矯正する能力が高く、手入れも容易で、使用可能年数は約1.5~2年程度です。しかし装用当初は異物感がでる場合があります。
ソフトレンズは、一日使い捨て、2週間交換レンズ、カラーコンタクトレンズなど、レンズの種類が豊富で装用感に優れており、コンタクトレンズの主流になっています。

コンタクトレンズの種類

素材による長所と短所

酸素透過性ハードレンズ

長所: ソフトに比べて視力矯正力が高い。酸素をよく通し、角膜への負担が少ない。比較的、重篤な障害が少ない。
短所: 使い続けると、変形して矯正視力が低下することがある。傷や汚れがつきやすい。
酸素透過性ハードレンズのイメージ

ソフトレンズ(HEMA)

長所: 材質が柔らかく、異物感が少ない。装用感がよい。
短所: 乾燥すると視力が不安定になりやすい。コンタクトレンズが汚れやすく変形や破損が多い。角膜や結膜の異常に気づきにくい。
ソフトレンズ(HEMA)のイメージ

ソフトレンズ(シリコーンハイドロゲル)

長所: 従来のソフトレンズの素材に比べ、酸素透過性が高く、乾燥しにくい。角膜への負担も少ない。
短所: ややレンズが固め。脂肪系の汚れが付きやすい。
ソフトレンズ(シリコーンハイドロゲル)のイメージ

装用日数による長所と短所

1日使い捨て

長所: 毎日新しいコンタクトレンズに交換するため、コンタクトレンズケアが不要。毎日清潔なコンタクトレンズを装用できる。
短所: 経済的コストが比較的割高になる。
1日使い捨てコンタクトレンズのイメージ

連続装用

長所: 医師の診察により連続装用が可能(装用期間はコンタクトレンズによる)。寝たままコンタクトレンズを装用できる。夜勤の多い方、睡眠が不規則な方などに便利。
短所: 角膜障害が起こりやすく注意が必要。
連続装用コンタクトレンズのイメージ

2週間交換

長所: 毎日のケアが必要だが、2週間で交換するため汚れに対する処置が容易。1日使い捨てよりランニングコストが割安。
短所: 毎日消毒とコンタクトレンズケアが必要。コンタクトレンズケアが不足すると角膜障害を起こす場合がある。
2週間交換コンタクトレンズのイメージ

定期交換(1・3ヶ月)

長所: 毎日コンタクトレンズをケアして1ヶ月、もしくは3ヶ月で交換。2週間交換に比べややランニングコストが安い。
短所: 毎日の消毒とケアが必要。コンタクトレンズケアが不足にすると角膜障害を起こす場合がある。きちんとコンタクトレンズケアできる人向き。
定期交換(1・3ヶ月)コンタクトレンズのイメージ

ハードレンズとソフトレンズの大きさの違い

一般にHCLは小さい方が酸素の供給が多くなります。直径8~9.5mm。
SCLはあまり小さいと外れやすくなります。直径12~14.5mm。

コンタクトレンズの仕組み

コンタクトレンズの仕組みや注意すべき事柄などをご紹介します。

次のページを見る

ミキオススメのコンタクトレンズ

ミキオススメのコンタクトレンズを種類やメーカーごとにご紹介しています。

コンタクトレンズ商品一覧へ

お近くのコンタクトレンズ取扱店を探す

コンタクトレンズに関する詳しい情報は、お近くのパリミキ・メガネの三城までお問い合わせください。
店舗検索より、最寄の店舗を地図や駅名などから検索いただけます。

最寄りの店舗を探す

コンタクトレンズ無料トライアル実施店舗を探す

無料トライアル実施店舗をお探しの方はこちらをご覧ください。

最寄りの店舗を探す
CGを使ってお客様に最適なデザインを
AUリメイクオーダー