直接本文へ移動する

コンタクトレンズのケア方法

コンタクトレンズの汚れには大きく「外的要因」と「内的要因」の二つにわけられます。

外的要因:外部からの汚れの付着で、ある程度防ぐことができる汚れ
       例)化粧品、大気中のホコリ、タバコの煙、手指の汚れ、など

内的要因:涙液成分からの汚れの付着で、避けられない汚れ
       例)タンパク質、脂肪、カルシウム、ムチン、など

ケアをおろそかにしたり、誤った方法で続けていると、コンタクトレンズに汚れが蓄積されて装用感が悪くなったり、思わぬ目のトラブルに発展してしまうことがあります。
正しいケアで汚れを除去して、快適にコンタクトレンズを装用しましょう。

ハードレンズのケア方法

ハードレンズのケア溶剤には、洗浄液、洗浄・保存液、酵素洗浄剤、保存液、タンパク除去剤、装着液などがあります。

浸け置きタイプ

ハードレンズのケア用品はほとんどが浸け置きタイプです。浸け置きタイプには、1液(酵素洗浄液)と2液(希釈液、すすぎ・保存液)に分かれているタイプと、酵素洗浄剤と保存液が一緒になったワンボトルタイプがあります。
浸け置きタイプでもこすり洗いを併用することでコンタクトレンズの汚れ落ちが良くなり、快適に装用することができます。
また開封したものは、できるだけ早く使い切るようにしましょう。

こすり洗いタイプ

こすり洗いのイメージ

こすり洗い用洗浄剤には研磨剤入りのものと、入っていないものがあります。
浸け置きだけの洗浄では、汚れを落としきることはできません。快適にコンタクトレンズを装用するためには、こすり洗いを行うことが大切です。
こすり洗いには、コンタクトレンズの表面に付着した「雑菌をこすって落とす」という効果もあります。できるだけこすり洗いも併用することは、目の健康のためにも重要です。

洗浄のサイクル

基本的なハードレンズケアの流れ

毎日の洗浄で落としきれなかった汚れはコンタクトレンズ表面に蓄積して固着してしまいます。
そのような汚れは1週間~1カ月に一度、強力なタンパク除去剤を使って除去します。
レンズケース内の保存液は毎日取り替えます。またレンズケースも毎日流水(水道水)で洗浄し、乾燥させます。レンズケースは半年から1年に一回、新しいものに交換してください。

化粧品などの油脂系汚れに強い洗浄液

化粧品などの油脂系汚れに強い洗浄液

シード「ジェルクリン」は洗浄効果と抗菌効果を持つIPAの配合により、特に油脂系汚れに対する高い洗浄効果と容器内に雑菌を繁殖させない抗菌効果の「ダブル効果(洗浄+抗菌)」を発揮します。
また「ジェルクリン」は、研磨剤を配合していませんので、表面処理を施したコンタクトレンズにも安心してご使用いただけ、しかもすべてのハードレンズに使用可能です。

ソフトレンズのケア方法

ソフトレンズのケア方法をご紹介します。

次のページを見る

ミキオススメのコンタクトレンズ

ミキオススメのコンタクトレンズを種類やメーカーごとにご紹介しています。

コンタクトレンズ商品一覧へ

お近くのコンタクトレンズ取扱店を探す

コンタクトレンズに関する詳しい情報は、お近くのパリミキ・メガネの三城までお問い合わせください。
店舗検索より、最寄の店舗を地図や駅名などから検索いただけます。

最寄りの店舗を探す

コンタクトレンズ無料トライアル実施店舗を探す

無料トライアル実施店舗をお探しの方はこちらをご覧ください。

最寄りの店舗を探す
CGを使ってお客様に最適なデザインを
AUリメイクオーダー