直接本文へ移動する

補聴器に関するよくある質問

ミキに寄せられた質問にお答えします。

「補聴器って、本当に聞こえが良くなるの?」「補聴器にはどんな種類があるの?」など、補聴器に関するよくあるご質問にお答えしております。

質問と回答一覧

Q1.補聴器って本当に聞こえが良くなるのですか?
A1.

お客様お一人おひとりに合わせた調整をすることにより、聞こえは改善されます。
慣れるために練習は必要ですが、補聴器をつけることにより、円滑なコミュニケーションが可能になり、
車のクラクションなどの危険シグナルも聞こえやすくなります。
補聴器の基礎知識を詳しくご紹介しているページがございますのでご覧ください。

Q2.補聴器にはどんな種類がありますか?
A2.

補聴器には、耳穴式、耳かけ式、ポケット型、オープンタイプなど用途とシーンに合わせた様々な形状があります。
また最近はアナログ補聴器にかわり、多彩な機能を持ったデジタル補聴器が数多くでています。
三城では、お客様お一人おひとりのニーズに合った補聴器をご提供できると思います。
詳しくは下記ページをご覧ください。

Q3.両耳用と片耳用、どちらが良いのですか?
A3.

人の聞き取る力は、両耳から音を届けることで最大限に発揮されます。
1.音も方向が分かり自然な聞こえに近づきます。
2.遠くから呼ばれても両耳で聞くので言葉の聞き取りもよくなり、話者の方向も分かりやすい。
3.片耳装用に比べ両耳の聞く力を活用でき、よりリラックスして聞くことができる。
4.片耳で雑音の中で音声を聞きわけるより両耳を使ったほうが雑音下での会話の聞き取りは向上する。
5.片耳装用の補聴器のボリュームの大きさより、両耳装用の方が小さく出来るので、より柔らかい音で聞くことが出来る。

Q4.補聴器はいつから使いはじめればいいのですか?
A4.

普通の大きさより小さい声で話しかけられた時や、少し騒がしい中で聞き間違いをすることが多いようでしたら、
補聴器の装用をご検討ください。視聴はお気軽に店頭でお申し付けください。

Q5.補聴器を買ったらそのまま、すぐに使えますか?
A5.

すぐにご使用は出来ますが、慣れないうちは、静かな環境で短時間から使い始めます。
装用者のお耳の状態で異なりますが、使い始めから1週間、1ヶ月、3ヶ月毎(必要な場合はもっと細かく)に定期的に使用具合をお伺いして、より快適な聞こえのための調整を行い、使用方法についてご相談を承ります。

Q6.電池はどの位持ちますか?
A6.

使用する方の補聴器の形状、出力や使い方で電池の寿命は異なります。
一般的に空気電池の寿命は、通常のご使用で一番小さなPR536が5日、オーダーメイドに多く使われるPR41が10日、耳型に使われるPR48は14日間、というのが一応の目安です。

Q7.補聴器は、その日に受け取れるのですか?
A7.

機種や形状によって納期は違いますが、早い商品では翌日よりお渡し可能です。
オーダー製品(パーツも含みます)は1週間程度、お時間をいただいております。

Q8.貸し出しの補聴器はありますか?
A8.

2ヶ月から最長3年までご利用いただける、補聴器貸し出しプラン『気がるにらくみみコース』がございます。
目的に合わせて、補聴器の形状や機能をお選びいただけます(コース対象商品になります。)補聴器は装用後すぐには良い悪いの判断はできないものです。ミキでは、ご購入後もしくは貸出し中もご使用状況や実際にお困りになられたことをお伺いしながら、徐々に使いやすくなる様にお客様とご一緒に調整を行ってまいります。万が一、お客様に補聴器が合わない場合は、ご購入後80日以内であれば機種の変更などもご相談いただけます。
どうぞご安心ください。

Q9.耳鼻科で検査してからの方がいいのですか?
A9.

補聴器は、装用者の聞こえの状態によって、効果が異なります。
特に以下の8項目に関して耳鼻咽喉科の受診をお勧めしています。
1.耳の手術などによる耳の変形や傷がないか。
2.中耳炎などで過去90日以内に耳漏がなかったか。
3.過去90日以内に突発性または進行性の聴力低下がなかったか。
4.過去90日以内に左右どちらかの耳に聴力低下がなかったか。
5.急性または慢性のめまいがないか。
6.耳あかが多くないか。
7.外耳道に湿疹、傷みまたは不快感がないか。
8.500・1,000・2,000Hzの聴力に20dB以上の気骨差がある場合。
またご購入やご体験に際し、補聴器調整のための聴力測定は当店で実施しております。

株式会社 三城に対するお問い合わせはこちら

ご意見・ご質問の内容は、できるだけ具体的にお書きください。

お問い合わせ